FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシェル・ウィリアムズ、'Oz the Great and Powerful'でグリンダを演じる

mwozサム・ライミが監督する'Oz the Great and Powerful'で魔法のようなニュースが持ち上がっている。本作は古典小説『オズの魔法使い』の前章作風の映画である。最新情報によると、過去にアカデミー賞にノミネートされたミシェル・ウィリアムズ(『ブルーバレンタイン』『シャッター アイランド』)がこの作品に参加する可能性がでてきた。その役とは、ほかならぬグリンダ、良い魔女だ。

ウィリアムズは、3人の魔女(悪い魔女2人、良い魔女1人)を演じる女優陣の締めくくりとして、ミラ・クニス、レイチェル・ワイズ(おそらく)とともに参加することになった。

彼女の名は以前、本作に関連して浮上したことがあった。そのときは、悪い魔女イヴァノラ役をめぐり、監督はヒラリー・スワンクをディズニーはウィリアムズを望んでいたことが伝えられていた。両者はどうやら心変わりして、レイチェル・ワイズを西の悪い魔女役として加えることにしたようだ。Variety誌は、ウィリアムズはグリンダ役で交渉中だと報じている。

ディズニーはこの7月に'Oz the Great and Powerful'の撮影に入る予定で、ライミが指揮をとり、ミッチェル・カプナー(『隣のヒットマン』『ロミオ・マスト・ダイ』)とピューリッツァー賞受賞者デヴィッド・リンゼイ・アベアー('Rabbit Hole'、'Rise of the Guardians')の2人が脚本を担当する。

この脚本家2人とライミの作品履歴の間で、'Oz the Great and Powerful'は、作風についてかなりの議論があったことが十分考えられる。全体はコメディ調だが重々しいドラマもあり、空想的なアクションまで盛り込まれた作品だ。

『アリス・イン・ワンダーランド』のプロデューサ、ジョー・ロスも本作に関わっていることから、ディズニーは明らかに'Oz the Great and Powerful'でスマッシュヒットを狙っている。このオズ映画は、確実に儲かる人物が監督し、注目の俳優が有名な登場人物を演じ、古典小説を焼き直した脚本を使うなど、『アリス・イン・ワンダーランド』とほぼ同じ要素を持っている。ディズニーは一時期、『アリス・イン・ワンダーランド』に主演したジョニー・デップを本作の主人公オズの魔法使いに据えたかったほどだ。

ハリウッドは、2匹目のドジョウに期待するのが大好きだが、そうなることはほとんどない。『アリス・イン・ワンダーランド』は、世界の劇場で10億ドル以上を稼ぎだした。その原因は、監督ティム・バートンと俳優ジョニー・デップの唯一無二のコンビが繰り広げるシュールでカラフルで論理性のない物語に人々の興味が少なからず集まっていたからだ。'Oz the Great and Powerful 'は、(少なくとも財政上)全く同じような期待を持てる企画作品であるとはみられていない。
'Oz the Great and Powerful'は2012年秋に公開される予定だ。

Michelle Williams to Play Glinda in ‘Oz the Great and Powerful’

【関連記事】
レイチェル・ワイズ、オズ映画の悪い魔女役を交渉中(2011/5/9)
『オズ』の魔女役、サム・ライミ監督はヒラリー・スワンク、ディズニーはミシェル・ウィリアムズに注目(2011/4/25)
ジェームズ・フランコ、サム・ライミ監督の‘Oz, the Great and Powerful’に出演(2011/2/28)

シャッター アイランド [DVD]シャッター アイランド [DVD]
(2011/04/08)
レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ 他

商品詳細を見る


ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション [DVD]ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション [DVD]
(2006/09/22)
ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール 他

商品詳細を見る
関連記事

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリス・パイン&エリザベス・バンクス共演人間ドラマetc

People Like Us <人間ドラマ> 【監督】アレックス・カーツマン 【出演】クリス・パイン     エリザベス・バンクス     ミシェル・ファイファー Rise of the Guardians <アドベンチャー・アニメ> 【監督】ピーター・ラムゼイ 【声の出演】ヒュ?...
プロフィール

elminka

Author:elminka
74年生まれ。80年代(中学時代)に洋画洋楽に目覚め、現在でもその影をひきずってまーす。80年代のメタル、ロックは大好き。
このブログでは、印象に残った本、映画、音楽、ゴシップや映画情報の翻訳などアップしていきます。

ツイッターでは更新情報を配信!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
カテゴリ
Amazon検索
DVDご紹介
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。