上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マン・オブ・スティール』('Man of Steel')に女性悪役が浮上

antjeザック・スナイダー監督の『マン・オブ・スティール』に登場する重要な女性役に、クラーク・ケントの恋人ロイス・レーン(エイミー・アダムス)に加え、もう1人出演するのではないかとうわさされている。その役はファオラという悪役であることが最近判明した。ファオラはコミック版スーパーマンに登場する悪女で、映画『スーパーマン』と『スーパーマンII』の悪役クリプトン星人ウルサのもとになった人物だ。

最新の報道によると、『マン・オブ・スティール』では、ウルサではなくファオラが登場することがほのめかされている上、スナイダーはある女優に注目しているという。意外な展開になってきた。以前、ゾッド将軍(マイケル・シャノン)の子分役をめぐり、複数の有名女優が争っていることが伝えられていたが、そのうちの1人が演じるわけではないようだ。

Deadlineは、ファオラ役の有力候補としてドイツ人女優アンチュ・トラウェが浮上していることを伝え、Varietyではこの話の裏付けまでしている。若手女優トラウェがこれまでにハリウッドで主要な役を演じたのは、2009年のSFホラー映画『パンドラム』のみだ。『ザ・ライト -エクソシストの真実』では、どうやら重要な役に近づきはしたらしい。現在進行中の映画'World War Z'でも契約候補に名が挙がっていた。

サラ・ダグラスは映画スーパーマンの最初の2作でウルサ役を好演したが、トラウェは経歴が少ないため、彼女の演技がダグラスと比べどうなのか判断するのはある意味不可能だ。公正を期して言えば、ファオラ役は基本的に複雑なものではないので、トラウェは危険で冷酷な美女を演じればいいのだ。となれば、彼女が適役でないと言うことができるだろうか。

ウルサとファオラについても少し解説しよう。

映画『スーパーマン』と『スーパーマンⅡ』で描かれるウルサは、コミックに登場するファオラをもとにしたキャラクターだ。シルバーエイジにカリー・ベイツとカート・スワンの手によって誕生したファオラは、強制収容所を運営し囚人を拷問にかけて、死刑を宣告していた。DCコミックが継続の危機にさらされてからは、彼女はゾッドの信奉者となり、名前をザオラに変える。このキャラクターはそれ以来、何度か姿や名前を変えているが、基本的な性質は概ね変わらずにいる。

ファオラは権力と支配のことしか頭になく、人間を見下していることから、『マン・オブ・スティール』でゾッドと並び、悪役の最有力候補になった。本作に登場する悪人2人が、また惑星クリプトンから来たことにはもちろん異論もあるだろうが、彼らは間違いなく、ふさわしい敵役としてスナイダー監督のスーパーマンで活躍することだろう。

Superman ‘Man of Steel’ Has Found Its Female Villain

スーパーマン ディレクターズカット版 [Blu-ray]スーパーマン ディレクターズカット版 [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリストファー・リーブ、マーロン・ブランド 他

商品詳細を見る

スーパーマンII リチャード・ドナーCUT版 [Blu-ray]スーパーマンII リチャード・ドナーCUT版 [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリストファー・リーブ、ジーン・ハックマン 他

商品詳細を見る

スーパーマン リターンズ [Blu-ray]スーパーマン リターンズ [Blu-ray]
(2010/04/21)
ブランドン・ラウス、ケイト・ボスワース 他

商品詳細を見る

関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

elminka

Author:elminka
74年生まれ。80年代(中学時代)に洋画洋楽に目覚め、現在でもその影をひきずってまーす。80年代のメタル、ロックは大好き。
このブログでは、印象に残った本、映画、音楽、ゴシップや映画情報の翻訳などアップしていきます。

ツイッターでは更新情報を配信!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
カテゴリ
Amazon検索
DVDご紹介
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。