上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・トロ監督の次作、『狂気の山脈にて』でなく’Pacific Rim’となるか

troatユニバーサル・ピクチャーズが『狂気の山脈にて』にゴーサインを出してからかなりの時間がたった今、ギレルモ・デル・トロ監督をめぐる強力なライバル作品が登場した。レジェンダリー・ピクチャーズが、デル・トロ自身も気に入っている'Pacific Rim'というプロジェクトを急ピッチで進めているのだ。トラヴィス・ビーチャムが脚本を担当するPG-13指定の大型プロジェクトで、物語は巨大モンスターが登場し新たな世界を創りあげるものだ。

この作品がデル・トロが監督する次品となる可能性がでてきた。この映画は、ワーナー・ブラザーズとは無関係にレジェンダリー・ピクチャーズの代表トーマス・タルとジョン・ジャシュニがひそかに進めているもので、デル・トロはプロジェクトにずっと関わり続けている。かつてデル・トロが気まぐれでニューラインの'The Killing on Carnival Row'に手を出したときに、彼と脚本家のビーチャムは組む寸前までいったことがある。レジェンダリー・ピクチャーズとデル・トロの関係は'Pacific Rim'が始まる8カ月前からのことだ。

ユニバーサルは、R指定で1億5000万ドル以上の予算を必要とする『狂気の山脈にて』に対し、いまだ動きをみせていない。H・P・ラブクラフト原作の映画化で、南極大陸で氷が解け、エイリアンが発見されるところから話が展開する。この作品で、デル・トロがトム・クルーズの主演をお膳立てし、ジェームズ・キャメロンがドン・マーフィーとスーザン・モントフォードとともにプロデュースを担当、キャメロンは3Dの監修も行うことになっていたにもかかわらずだ。デル・トロのチームはスタジオの予算に合わせたすばらしい映像プレゼンテーションを披露したが、スタジオはR指定であることと多額の予算に対し慎重な姿勢を崩しておらず、いまだ決断できずにいる状態だ。

この作品はアクション・アドベンチャーというよりはホラー映画で、全世界で5億ドルを稼ぎださなくては、スタジオにもうけが残らないといわれてきた。つまり、『ロード・オブ・ザ・リング』や『インセプション』のような興行成績を収めなければならないのに、R指定のホラー映画のままでは大きな困難を伴う。ユニバーサルは彼が戻ってくるのを期待して作品を手放していないが、一方でデル・トロが'Pacific Rim'の制作にかかることも期待している。デル・トロは、ユニバーサルからこの件を終わりにするか、続けるかを問われたという。

デル・トロがこの作品を続けるとしたら、それは並大抵のことではない。『狂気の山脈にて』は、彼が夢にまでみたプロジェクトで、マーフィとモントフォードとも長く一緒にやってきた。しかし『ホビットの冒険』の脚本に数年を要し、その後同作から降りたのは、MGMの経営難によるゴタゴタが終わらないかのように見えたからだ。皮肉にも『ホビットの冒険』は、デル・トロではなく、ピーター・ジャクソンが舵取りをすることになった。デル・トロは監督業に戻れば時間感覚も正常化するだろう。

彼は2010年の年末までに答えを出すはずだったが、その行程はもつれにもつれた。スタジオは、コムキャストの新しいオーナーを精細に吟味している上、すでに'Battleship'という金のかかるエイリアンものが控えていることもあって決断できずにいた。複数の制作者が『狂気の山脈にて』を守るため別のスタジオに移そうとしており、水面下ではまだドラマが展開している。キャメロンとの関係が深いことから、候補に挙がっているのがフォックスだ。

うまくいけば、デル・トロはすぐにでも『狂気の山脈にて』に戻ろうとするだろう。希望があるとすれば、スタジオが制作環境を整えるか、なんとかPG13指定する道を見つけるか、予算を削るかしかない。

Competition For Guillermo Del Toro's Next Picture: Legendary Preps 'Pacific Rim'

ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))
(1985/11/29)
H・P・ラヴクラフト

商品詳細を見る

関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

elminka

Author:elminka
74年生まれ。80年代(中学時代)に洋画洋楽に目覚め、現在でもその影をひきずってまーす。80年代のメタル、ロックは大好き。
このブログでは、印象に残った本、映画、音楽、ゴシップや映画情報の翻訳などアップしていきます。

ツイッターでは更新情報を配信!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
カテゴリ
Amazon検索
DVDご紹介
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。