上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォシャウスキー兄弟とトム・ティクヴァが映画化する'Cloud Atlas'近況

capsアンディとラナのウォシャウスキー兄弟は、非常に大がかりなプロジェクトに対して尻込みするタイプでは決してない。彼らが現在、映画監督トム・ティクヴァ(『ラン・ローラ・ラン』)と共同で取り組んでいるのは、冒険的な最新作、デヴィッド・ミッチェルによる壮大な小説"Cloud Atlas"の映画化である。

"Cloud Atlas"には一流のキャストが名を連ね、制作は2011年9月半ばに始まる予定である。トム・ハンクスや評価の高い性格俳優ヒューゴ・ウィーヴィングらセレブリティが、この映画を構成する6つの物語で複数の役を演じる。

THRの報道によると、"Cloud Atlas"の「80%程度」がドイツ、ベルリンにあるスタジオ・バベルスベルクで撮影される。まだ(正式に)正確な予算額は出ていないが、これまでに見積もられていた1億ドルから1億2000万ドルという数字は下回りそうだ。あえて比較すれば、ウォシャウスキー兄弟は『スピード・レーサー』に少なくとも1億2000万ドル、『マトリックス』の続編2作には、それぞれ1億5000万ドルずつ費やしている。

"Cloud Atlas"は、次に要約したとおり、6つの話で構成されている。

・19世紀、あるばか正直な公証役場の職員がポリネシアを旅行する話
・1930年代、野心家のイギリス人作曲家が、梅毒にかかった有名作曲家と暮らし始める話
・1970年代、あるジャーナリストがカリフォルニアの原子力発電所を調査する話
・21世紀、ある出版者が世界を変えうる小説を手に入れる話
・将来、奴隷労働のためのクローン人間が計画される話
・大災害を生き抜いたあるハワイの原住民が、離れ島で世界の歴史を口伝する話


それぞれの筋書きは、様々な構成員を持つ社会の中でうごめく力に関する複数の問題点と、どのように支配階級が都合よく歴史を書き変えてきたかについて述べている。映画"Cloud Atlas"は、キャストがそれぞれの物語で違う役を演じることにより、これらの物語をさらに強く結びつけることになるだろう。

この映画のキャストには、トム・ハンクス、ベン・ウィショー、スーザン・サランドン、ヒューゴ・ウィーヴィング、ハル・ベリー、ジム・ブロードベントらがいる。

"Cloud Atlas"は、ティクヴァ監督が21世紀以前の物語を、ウォシャウスキー兄弟が未来の話を担当すると考えられている。それがふさわしい理由として、ティクヴァには『パフューム ある人殺しの物語』で時代背景を再現した経験があること、ウォシャウスキー兄弟には、よく知られているとおり、目を引くビジュアルで終末後の世界を描き出す才能があるからだ。

『マトリックス』シリーズといえば、ウォシャウスキー兄弟は明らかにシリーズの2作目、3作目の取り組みで手を広げすぎた。『マトリックス・リローデッド』『マトリックス・レボリューションズ』を改めて見ると、ビジュアルにしろ、テーマにしろ、同じことを繰り返しているのは一目瞭然だ。

要するに、"Cloud Atlas"には複数の物語があり、それぞれで全く違う舞台を用意しなければならない。さらにウォシャウスキー兄弟は、ティクヴァの助けを借り、デヴィッド・ミッチェルによるオリジナル文学をクリエイティブに解釈する側に立つのがいい。「映像化できない」と言われてきた本を映画にするという意味では、そうすることで、オリジナルに忠実な映画になる可能性もある。つまり、観客がウォシャウスキー兄弟の『スピード・レーサー』に求めていたのは、インスピレーションに忠実なスタイルやトーンではなかった、ということだ。

"Cloud Atlas"は、2012年10月頃に公開される予定だ。

Wachowskis & Tom Tykwer’s ‘Cloud Atlas’ Production Update

Cloud Atlas: A NovelCloud Atlas: A Novel
(2004/10/30)
David Mitchell

商品詳細を見る


パフューム スタンダード・エディション [DVD]パフューム スタンダード・エディション [DVD]
(2007/09/07)
ベン・ウィショー.レイチェル・ハード=ウッド.アラン・リックマン.ダスティン・ホフマン

商品詳細を見る


マトリックス 特別版 [DVD]マトリックス 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン 他

商品詳細を見る
関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

elminka

Author:elminka
74年生まれ。80年代(中学時代)に洋画洋楽に目覚め、現在でもその影をひきずってまーす。80年代のメタル、ロックは大好き。
このブログでは、印象に残った本、映画、音楽、ゴシップや映画情報の翻訳などアップしていきます。

ツイッターでは更新情報を配信!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
カテゴリ
Amazon検索
DVDご紹介
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。