FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウディ・アレン監督の新作'The Bop Decameron'、フルキャストを発表

wapcウディ・アレンはこの冬で76歳になる。彼はこの40年間、平均して年に1本ずつ新作を発表してきたが、年齢を理由にペースを落とすつもりはないようだ。ニューヨークを代表する脚本家で監督のアレンは、'The Bop Decameron'というタイトルの最新映画プロジェクトに新たな一流キャストを集めてきた。

アレンは現在、7月にローマで撮影されるロマンティックでドラマティックな新作コメディに出演する準備をしている。同時にフランスで撮影した彼の最新作"Midnight in Paris"(『ミッドナイト・イン・パリ』)は、オスカーを獲得した1986年の『ハンナとその姉妹』以来の最大のヒット作となることが期待されている。

俳優としてのアレンが好きなファンは、新作'The Bop Decameron'で、彼が再びカメラの前に立つと聞いて喜ぶことだろう。2006年の『タロットカード殺人事件』に登場して以来のことだ。このプロジェクトは詳細の大部分が謎に包まれているが、あるアメリカ人夫婦の夫をアレンが演じ、ローマに飛んで娘が結婚するつもりのイタリア人男性と会う、という筋の一部は伝えられている。これがウディ・アレンの映画であることを考えれば、ひどく神経質的な悩みが絶えない状況と喜劇的な状況とが、明確な形で繰り返されることだろう。

キャストには、ウディ・アレン、ジェシー・アイゼンバーグ(『ソーシャル・ネットワーク』)、グレタ・ガーウィグ('Greenberg')、エレン・ペイジ(『ジュノ』)、オスカー候補になったアレック・ボールドウィン(『30 ROCK/サーティ・ロック』)、アリソン・ピル(『ミルク』)、オスカー俳優ロベルト・ベニーニ(『ライフ・イズ・ビューティフル』)らがいる。

アレン映画でおなじみになった2人の女優も参加する。かつてオスカー候補になったジュディ・デイヴィス(『夫たち、妻たち』)とオスカー女優のペネロペ・クルス(『それでも恋するバルセロナ』)だ。さらに、アントニオ・アルバネーゼ、ファビオ・アルミリアート、アレッサンドラ・マストロナルディ、オルネラ・ムーティ、フラヴィオ・パレンティ、アレッサンドロ・ティベリらイタリア人俳優が脇を固める。

アレン映画を観に行く人は、映画が次の項目のうち、どれか1つに当てはまることを期待している。

1.上流階級の人々(通常、向上心にあふれているか世間に認められようと努力している芸術家)が登場する風俗喜劇で、彼らはロマンティックな難問や存在に関する難問に対処することになる("Midnight in Paris"が最近の例)。

2.一般的にアレンが登場するスクリューボールコメディ。俳優がアレンでない場合は、ベストを尽くしてアレンのフリをする。出たとこ勝負の冒険にうっかり巻き込まれてしまう失敗ばかりの神経質な人物を演じる(『タロットカード殺人事件』、『スコルピオンの恋まじない』など)。

3.人間が存在することに対する虚しさを描く暗い哲学的物語で、人間の悪行は最終的に報いを受ける、ということがレンズを通してしばしば語られる(『ウディ・アレンの夢と犯罪』、『マッチポイント』)。

'The Bop Decameron'は、どうやら最初のカテゴリーに当てはまる映画のようだ。となると、2012年に公開されたとき、あなたがこの作品を見るかどうかは、もうわかっている可能性が高い。

Woody Allen’s ‘Bop Decameron’ Full Cast Announced

【関連記事】
【2011年カンヌ映画祭】ウディ・アレン監督の'Midnight in Paris'で幕開け(2011/5/12)
ロベルト・ベニーニ、ウディ・アレンの新作で復活となるか(2011/05/07)
エレン・ペイジ、ウディ・アレンの新作でローマへ(2011/04/17)
ウディ・アレン監督の'Midnight in Paris'がカンヌ映画祭のオープニングに(2011/02/03)

アニー・ホール [DVD]アニー・ホール [DVD]
(2008/03/19)
ウディ・アレン

商品詳細を見る


カイロの紫のバラ [DVD]カイロの紫のバラ [DVD]
(2008/05/23)
ミア・ファロー、ジェフ・ダニエルズ 他

商品詳細を見る


ハンナとその姉妹 [DVD]ハンナとその姉妹 [DVD]
(2008/03/19)
ミア・ファロー

商品詳細を見る
関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

elminka

Author:elminka
74年生まれ。80年代(中学時代)に洋画洋楽に目覚め、現在でもその影をひきずってまーす。80年代のメタル、ロックは大好き。
このブログでは、印象に残った本、映画、音楽、ゴシップや映画情報の翻訳などアップしていきます。

ツイッターでは更新情報を配信!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
カテゴリ
Amazon検索
DVDご紹介
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。