上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスチャン・ベール、ダーレン・アロノフスキー監督の'Noah'に主演の可能性

chblダーレン・アロノフスキーの最新プロジェクト'Noah'には、「野心的」という言葉がぴったりだ。このプロジェクトは、『ブラック・スワン』の監督がノアの方舟を描くもので、聖書の記述どおりの形をとる大人向けの映画になりそうだ。プロジェクトには1億3000万ドルものコストが見込まれているため、アロノフスキーがこの冒険的事業を後押しするスタジオをいまだ確保していないことを聞いても、それは無理もないことだ。

アロノフスキーは、アカデミー賞を受賞した確実な俳優(今回の場合はクリスチャン・ベール)に彼の映画で'Noah'を演じるよう働きかけているらしい。このことで、巨額の予算を見込んだ宗教的叙事詩に必要な資金を確保し、前へ進もうとしているのではないかとの噂がある。

Vultureのスクープ記事によると、'Noah'はすでに20世紀フォックス傘下の制作会社ニューリージェンシーで準備が始まっているらしい。だがこのような小さなスタジオでは、1億ドルを超える予算すらまかなうことはできない。だからベールを主役に引き入れれば、パラマウント、サミットやフォックスのような大きなスタジオに興味を持たせるのに好都合で、そこからプロジェクトの共同融資を引き出して前進することができる、というわけだ。

以前アロノフスキーは、ノアの方舟の話について次のように述べている。
「実にタイムリーだと思う。というのも、これは環境が大きく破壊される話で、私にとっても大きなテーマだし、現時点でこの惑星がどうなっていくのかのテーマでもある。だから我々に関係する非常に大きなテーマだと思う。ノアは人類で初めて環境を守った人物だ。人間としても実に興味深い。彼はダークで複雑な人物だ」

問題の映画がノアのようにダークで複雑な性格な人物を重視したドラマである場合、主役にベールを得れば必ずよい方向に向かう。その上、大災害のあとに、神の命令で人類(と地球上のあらゆる種類の生命)を守る人物を強烈な個性を持つベールが演じるというのなら、彼はこれから出版されるアロノフスキーのコミック本に登場するノアのようにさえ見えてくる。ベールが髪を伸ばしてヒゲを蓄えれば、まさにそのものだ。

ただし、ベールをキャスティングすれば、自動的に'Noah'にゴーサインが出るわけではない。彼が登場すれば映画が必ず興行的に大成功を収めるわけではないし、少なくとも、問題のプロジェクトは『バットマン』や『ターミネーター』のように確立されたシリーズでもない。だが、『ブラック・スワン』の成功により、今や押しも押されもせぬビッグネームになったアロノフスキーと、『ザ・ファイター』でオスカーを獲得し『ザ・ダークナイト・ライジズ』を控え、存在感が増すベールとの間で、複数のスタジオは間違いなく、物議を醸すことが運命づけられている'Noah'に進んで出資し、この2人を参加させるだろう。

Christian Bale Could Become Darren Aronofsky’s ‘Noah’

ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/11/20)
クリスチャン・ベイル、サム・ワーシントン 他

商品詳細を見る


ダークナイト 特別版 [DVD]ダークナイト 特別版 [DVD]
(2008/12/10)
クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る


マシニスト [DVD]マシニスト [DVD]
(2005/09/22)
クリスチャン・ベール、ジェニファー・ジェイソン・リー 他

商品詳細を見る
関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

elminka

Author:elminka
74年生まれ。80年代(中学時代)に洋画洋楽に目覚め、現在でもその影をひきずってまーす。80年代のメタル、ロックは大好き。
このブログでは、印象に残った本、映画、音楽、ゴシップや映画情報の翻訳などアップしていきます。

ツイッターでは更新情報を配信!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
カテゴリ
Amazon検索
DVDご紹介
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。