上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビットの冒険』、サブタイトルと公開日が正式に決定

hobbitピーター・ジャクソン監督が2部作として映画化する『ホビットの冒険』は、1作目が2012年12月、2作目は2013年末に公開されることがだいぶ前から知られていた。同様に、ニューラインシネマが登録したとうわさされる両作のサブタイトルも、3カ月ほど前に浮上していた。

今回、ジャクソンの中つ国での冒険におよそ500万ドル出資しているニューラインシネマ、ワーナー・ブラザーズおよびMGMは、公開日とサブタイトルを正式に発表した。

1作目のタイトルは'The Hobbit: An Unexpected Journey'で、続く2作目は'The Hobbit: There and Back Again'となった。トールキンのファンにとっては、2作目のサブタイトルは驚くようなものではないはずだ。というのも、これはビルボ・バギンスが自身の不思議な冒険を描いた本の題名('There and Back Again'、邦題『行きて帰りし物語』)と同じだからだ。

1作目は2012年12月14日、2作目は2013年12月13日に全米で公開が予定されている。

オリジナルの小説『ホビットの冒険』を2部に分けたことに加え、ジャクソンと『ロード・オブ・ザ・リング』のチームは、フラッシュバックを用いて若いビルボと「思いがけない旅」(“unexpected journey”)を描く。ビルボは、13人のドワーフと(比較的)若い灰色のガンダルフ(イアン・マッケラン)とともに旅をする。そんなわけで、イライジャ・ウッドとイアン・ホルムがそれぞれフロド・バギンスと老いたビルボ・バギンスの役で再び登場することになった。

撮影は2カ月ほど前に始まっているが、今でもキャスティング関係のニュースが多く入ってきている。これまでにスティーヴン・フライ、リー・ペース、ベネディクト・カンバーバッチらの名が挙がっており、さらに『ロード・オブ・ザ・リング』に登場したヒューゴ・ウィーヴィングやオーランド・ブルームも帰ってくることになった。

Official ‘Hobbit’ Movie Subtitles & Release Dates

【関連記事】
オーランド・ブルーム、『ホビットの冒険』に正式参加(2011/5/29)
【続報】『アバター』続編、『ホビットの冒険』(2011/4/14)
『ホビットの冒険』3月に撮影開始(2011/2/8)
シアーシャ・ローナン、『ホビットの冒険』に出演決定か?(2011/1/29)
映画『ホビットの冒険』に中つ国の出演者が集結(2011/1/18)
『ホビットの冒険』ワーナーブラザーズが全世界配給へ(2011/1/8)

ホビットの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)ホビットの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)
(2000/08/18)
J.R.R. トールキン

商品詳細を見る

ホビットの冒険〈下〉 (岩波少年文庫)ホビットの冒険〈下〉 (岩波少年文庫)
(2000/08/18)
J.R.R. トールキン

商品詳細を見る
関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

elminka

Author:elminka
74年生まれ。80年代(中学時代)に洋画洋楽に目覚め、現在でもその影をひきずってまーす。80年代のメタル、ロックは大好き。
このブログでは、印象に残った本、映画、音楽、ゴシップや映画情報の翻訳などアップしていきます。

ツイッターでは更新情報を配信!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
カテゴリ
Amazon検索
DVDご紹介
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。